スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7・11計画について2

―――転載開始―――
今度の7月11日の早朝の午前4時17分頃、今石油リークで問題になっているメキシコ湾の海域で世界最大の水爆の1000倍もある爆発で地震を起こすという計画があるから注意しろというアナウンスメントだというのである。この計画の名前は「深い眠り(Deep Sleep)計画」。

この計画は、イルミナティーの全体主義者たちがこの地に入った19年前の1991年にアメリカ合衆国を破壊する目的で意図的に仕込んだ計画であるという。メキシコ湾の海水を上昇させ、上空の大気にエアポケットを作り出す。これは、石油漏れしている海底に地震を引きこすことが目的である。同時にオーストラリア西部でイルミナティーの会社により巨大なソナー実験が行われ、巨大地震が引き起こされるという。またメキシコ湾では海底破壊により巨大なガスバブル(100マイル断面積で600フィートの高さ)を放出させる。100千パウンドプレッシャー/平方インチの空洞を水中に放出する。これは、30マイル(50km)平方の広域にガスを降り注ぎ、ガスの雲を生み出す。これは空中の酸素と反応して超巨大な爆発を引き起こし、信じられないスピードの衝撃波を作り出す。この現象は、7月11日の深夜から7月12日の早朝までに引き起こされる。目的の時間は7月12日午前4時17分のまだ大半の人々が眠っている時間帯に行われる。このガス爆発は周辺に極度の酸性雨や有毒の雨をもたらす。そしてこの爆発は最大の水素爆弾の何千倍もの規模となるように目論まれている。この爆発は、津波も生み出し、津波により問題の海域から100マイルの内部の陸地にまで洗い流され、そこへ死のガスをもたらす。7月12日の午前中から20時10分までにはターゲットとなった領域に「ケムトレイル」もまき散らされる。航空規制されるため、メキシコ湾には行かないように、近づかないように。多くの人々が眠ったまま亡くなる為、その後の処置は国連軍(UN)がマレーシアなどから進軍し、FEMA収容所や刑務所が利用される。

とまあ、私が聞き取れた部分は、おおよそこんな趣旨のメッセージである。

本人たちが言うように、これは全世界にいるNWOのナチの普通のメンバーへの上層部から連絡である。7月11日夜から12日の早朝の間に巨大な地震と爆発現象がメキシコ湾で起こる。

これを世界の支配者層は知っている。この現象が起こると残念な自然現象が起こったということで話は済まされ、国連軍が前もって準備し、そこに一気に入植し、アメリカ南部を支配下に置く。だから、ナチのメンバーのみなさんはここに行ってはいけませんよ、ということらしい。

偽ユダヤ人のイルミナティーにとって、メキシコ人やアメリカ人、黒人やアジア人の命などこれっぽっちも大事だとは思わないらしい。

はたしてこの大爆発が本当に引き起こされるかどうかは知らないが、7月11日から12日はメキシコ湾とオーストラリア西部は要注意である。注目しておこう。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

haarpest

Author:haarpest
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。