スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【日本】日銀会合臨時開催へ


日銀、資金供給30兆円に拡充 円高・株安で追加緩和策 


 日本銀行は2010年8月30日に開いた臨時の金融政策会合で、急激な「円高」に伴う緊急的な金融緩和策として、09年12月に導入した、政策金利と同じ0.1%の固定金利で資金を供給する「新型オペ」の総額を従来の20兆円から30兆円に拡充することを決めた。資金を増やして市場へ行き渡らせることで市場金利を低下させ、円を売りやすい環境を整える。

 資金供給は、従来の期間3か月の資金供給規模の20兆円を維持したうえで、新たに、追加的に「10兆円程度の期間6か月」の資金供給を開始する。期間を長めにすることで、長めの金利を引き下げると同時に、しばらく金利を上げないという市場へのアナウンス効果を狙った。
 ただ、市場では「20兆円→30兆円」の拡充は、追加策の「想定の範囲内」との見方が支配的で、インパクトに欠けた。「もう一段の追加緩和策に備えた」との見方もある。
 第一生命経済研究所の嶌峰義清・主席エコノミストは、「後手に回ったうえに(追加策が)予想の範囲内にとどまったことで、株価は上昇幅が縮小、為替も85円割れの円高水準のままとなっている。これは、明らかに『失望』という感じ」と話している。
 なお、会合では須田美矢子審議委員が追加策に反対した。
 政策金利は全員一致で、「無担保コールレート(翌日物)を0.1%前後で推移するように促す」ことに据え置いた。

(J-CAST 08/30 20:55)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

haarpest

Author:haarpest
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。