スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウエーの発光について

KemBlog-ケムログより転載


オバマ大統領のノーベル賞受賞を歓迎し、UFOがノルウェー上空に姿を見せた

ノルウェー当局は、極寒の空で目撃された奇妙な光の調査を行っている。水曜日の朝、螺旋状の白い光が数分間目撃された。光は月よりも大きく見えたと地元の人々は話している。この現象は、オバマ大統領がノーベル平和賞受賞のためノルウェーに到着する前日に発生

この奇妙な現象が始まったのは、同国の北にある山陰から青い光が高く舞い上がるように見えた時からだと言う。それは空中に静止した後に回転を始めた。数秒のうちに、巨大な螺旋が空全体を覆った。そして、青緑のビーム光がその中心に照射され、それが完全に消え去るまでの10から12分間そこにあったと言う。

それは「周囲に強い光を伴った回転する巨大な火球のよう」であり、また「グルグルと回転する流星のようでもあった」と見物人達は説明している。光の嵐を受けてノルウェー気象庁には問い合わせが殺到したと言う。

可能性の有りそうな物は何か?天文学者達はこの光景がオーロラとは関係がないと話している。
トロムセの航空管制官は、この光の持続が「天文的な現象と言うには余りにも長時間だ」と主張している。

ノルウェー国防省のスポークスマン、Jon Espen Lienも光がおそらくは、通常ロシアが実験場に使用している白海やバレンツ海でのミサイル実験によるものだと主張している。トロムセの地球物理学天文台の研究者、Truls Lynne Hansenによると、ミサイルが恐らくコントロールを離れて爆発し、螺旋は漏れ出た燃料が反射したものだと言う。

しかし、ロシアが当該地域におけるミサイル実験の実施を否定したことから謎は深まる。モスクワのニュースソースは、ロシア海軍が白海地域における一切のロケット類の発射を否定した事を引用している。

09-message72-01.jpg
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

haarpest

Author:haarpest
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。