スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チュニジア政権交代で大混乱の記事

tunis1.jpg
チュニス(CNN) 大統領の国外脱出で混乱が続くチュニジアのガンヌーシ首相は17日、与野党の連立による新政権の布陣を発表した。国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は、チュニジアは可能な回切り早期に秩序を取り戻さなければならないと訴えている。

新政権にはガンヌーシ首相が留任し、19人の閣僚に野党から3人、無所属の10人が入閣した。新体制で選挙の実施を目指す。

首都チュニスではこの日も抗議デモが続き、大通りに約2000人が集結。与党本部に向かおうとするデモ隊に対し、警官隊が催涙弾を発射した。

潘事務総長はアブダビで記者団に対し、チュニジアの新政権は人権を守り、言論と集会の自由を保証しなければならないと強調。現在も衝突が続き、犠牲者が出ている点を「強く懸念している」とした。

チュニジアでは貧困、失業、政府の腐敗と抑圧に対する抗議デモが広がり、23年にわたって同国を支配してきたベンアリ大統領が14日にサウジアラビアに脱出。翌15日にムバッザア下院議長が暫定大統領に就任している。

留任が決まったフリア内相は国営テレビで演説し、過去数週間の衝突による死者は78人、負傷者は94人に上り、この中には警官多数が含まれると語った。市民に対しては暴動をやめて警察に協力してほしいと訴え、過去の過ちには厳しく対処すると言明している。今回の混乱に伴う損失が30億チュニジア・ディナール(約20億米ドル)に上るという試算も明らかにした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

haarpest

Author:haarpest
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。